積立てて出費に備える

突然の大きな出費と言うのは誰にでもあることです。突然の出費にも動じずに対応するために必要な積立について。

積立てて出費に備える

積立てて出費に備える 節約を意識して、家計簿をつけ始める人が多いです。この家計簿をつけるという行為は大変意味のある重要なものです。家計簿をつけていくと収支の把握ができるようになり、バランスがわかるようになります。予算を立てて生活していくわけですが、毎月必ずある出費は予想もしやすく計画に入れやすいですが、中にはイレギュラーな出費もあります。

それは冠婚葬祭費や自分の洋服代等です。冠婚葬祭は毎月あるものではありませんが、結婚式のご祝儀となると金額も大きくなります。また洋服代は毎月服を買うわけではなくても季節的に大きな金額が必要になるものです。毎月あるわけではない、大きな出費に対しては毎月ある一定額を積立てていき、出費に備えるという方法が効果的です。1年という長い期間で、予測できる程度の予算を立てます。それを12ヶ月で割り、必要な時に備えて貯めていくのです。そうすると突然の出費にも動じず対応できるようになるのです。特に結婚式などのお祝い事は出費が大きいからと言って出し惜しみしたくはありません。せっかくですから、気持ちよくお祝いのお金を用意したいものです。

貯金とは別に必要なお金を積立てていくことはお金の流れを把握しやすくもなるので節約をする上では大変有効です。